ぼんやり世界の旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 小旅行 de 野宿 (ハイファ・アッコー)

<<   作成日時 : 2011/04/20 12:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 とある理由によってイスラエル滞在予定日数が大幅に延びた僕は、行こうかどうかを迷っていた遠方都市への小旅行決行を決めた。

 ちなみにこの日、大介君は3度目の死海へと出発。今日は死海に入るのかな。

 遠方といえども、イスラエルはそう大きな国ではない。
 2時間ほどでハイファに到着。
 
画像


 地中海に面した海港であり、カルメル山の麓に位置するハイファ。イスラエル第3の都市だ。

 ひとまず街一番の見どころであるバハーイー庭園に行ってみるが、運悪くこの日はバハーイーの祝日らしく閉園していた。
 
画像
               無情にも、祝日を通知する張り紙。


 日帰りでエルサレムに戻る事も考慮していたのだが、これにより1泊する事が決定。 


 ハイファが翌日観光することにして、すぐに隣町アッコーへ移動してしまう。

 シェルートと呼ばれるミニバスに乗り、1時間弱で到着。
 
画像


 アッコー旧市街は、2001年世界文化遺産に登録。
 それぞれ旧市街はアラブ人街で、新市街がユダヤ人街と区分けされている。

 
画像


画像

 十字軍、オスマン朝、英国がそれぞれ築き上げた城壁は迫力があり、港町の小さな旧市街には風情を感じた。

画像


画像


 
画像


 
画像


 18〜19世紀の、オスマン帝国城塞都市としての様相を今でも強く残している。
  
画像



 ハイファに戻ると、すでに夜になっていた。

 さて、これからどうやって過ごそうか。
 数少ない宿にも当たってみたが、やはり高い。出来れば宿に泊まらずに、夜を明かしたいところだ。

 ひとまずマックに行き夕食を兼ねて時間をつぶしたが、閉店も近いようであまりゆっくり出来る雰囲気ではなかった。

 ここからが、長い夜のはじまりだった。

 
画像


 20時から0時位までは、街を歩き周ったり休んだりしつつ今夜の寝所を模索。

 今まで旅してきた途上国のようにそこら中で寝てるおっさんら、つまり僕の仲間がいないので選別が難しい。

 大通り沿いの目立ち過ぎる場所でもなく、人気が少なすぎる場所でもなく。
 
 『イスラエルで野宿』。極めて危険な響きだ。

 何かあったら完全に自己責任で、同時に間抜けな事この上ない。

 
画像


 結局は歩き疲れてしまい、メイン通り沿いの広場のベンチに落ち着いた。人通りは、それほど多くはない。

 つねに緊張感は保っていたので、もちろんほとんど眠れず。
 
 夜中4時頃には酔っ払った若者グループが近くを通る。
 移動しようかとも思ったが、大人しくじっとしていたら通り過ぎてくれた。

 
画像



 待ちわびた朝が来た。

 早朝から開いているという教会を目指して、歩き始める。

 
画像

 
 
画像


 ステラ・マリス・カルメリット修道院

 神聖な内部装飾が美しく、心が洗われるようだった。
 
画像


 帰り道にはエリヤの洞窟を見学。
 
画像


 
画像


 
画像


画像


 そしていよいよメインの、バハーイー庭園へ。ここに到達するまで長かった。
 
 バハーイー教は、19世紀半ばにイランでバハーウッラーが創始した一神教。

 僕はこの旅で初めてその名前を知ったのだが、現在布教国数でキリスト教に続き世界で2番目に広がりを見せている宗教だそうだ。


 そしてここに来た大きな動機のひとつが、バハーイー教徒ジーラさんの存在だ。

 イラン、テヘランで家に招待してもらい、良くしてもらった(⇒テヘラン編参照)事もあり、縁を感じていたからだ。

 写真を見ただけで、美しさに驚いてしまうような庭園。
 是非とも実際に見ておきたかった。
 
 幸い今日は入場口が開いていた。警備員に軽いセキュリティチェックをされて、内部へ。

 
画像


 シンメトリーの見事な全景を視界に捉えた瞬間に、これまでの苦労が報われた気がした。

 
画像


 大袈裟だけど、涙が出そうになるぐらいに感動した。
 
画像


画像


画像


画像


画像


 庭園は、全部で3箇所の入口から見学することが出来るが、やはりとりわけ美しいのは最上部からの景観だろう。

画像


 ここに来れて、良かった。素直にそう思えた。

画像


画像


 エルサレムに戻る。
 1日いなかっただけだけど、宿の仲間と会うのも久しぶりに感じた。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カウントダウンタイマー
小旅行 de 野宿 (ハイファ・アッコー) ぼんやり世界の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる