ぼんやり世界の旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 沈黙の塔で、叫ぶ!(ヤズド)

<<   作成日時 : 2011/03/12 10:37   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 マシュハドからは14時間のバス移動。ヤズドにやって来た。
 
画像


 ヤズドの町は全体的に日干し煉瓦で建築されているので土の色をしていて、独特の建造物が立ち並んでいる。
 
画像


画像


 地理的には砂漠に位置しており、夏の著しい暑さ対策のため、ヤズドの旧建築の多くは大きなバードギール(風採り塔)と地下室を設けている。
 
画像


 
画像


 夏に暑く、冬は寒い。日中と夜間との温度差も激しく、典型的な砂漠型の気候だ。
 特に空気の乾燥は半端ではなく、少し歩くだけでのどがカラカラを通り越してカッサカサになっていた。
 
画像
 

 道は迷路のように入り組み、目的もなく歩きまわるのが楽しい。
 
 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


画像



 この日はW杯日本対オランダ戦。
 日本人20人ほどで観戦した初戦とは打って変わって、今回宿の日本人は僕ひとり。

画像


画像


 レストランに集まりTVを囲む面々は、アルゼンティーナ・ジャーマニー・イラニーなどなど。皆、僕に合わせて日本びいきではいてくれるが、本気で応援する人などは皆無の完全アウェーの状態。
 
 オランダにゴールを決められた瞬間にドイツ人のおっさんが「サーヨナーラー! JAPAN!」と叫んだ時には思わず手が出そうになった。負けてしまって残念。



 また、ゾロアスター教の中心地として栄えている一面をもつヤズド。現在でもヤズドの人口(30万人)の1割が、ゾロアスター教徒だとされる。
 
 ”沈黙の塔”、『ダフメ・ザルトシュティヤーン』までやって来た。
 
 宿からベイヘイティ広場まで歩き、そこからアーリガティー広場まで市バスに乗車。どのバスに乗れば良いのかを尋ねたおばちゃんが、バスチケットをくれた。

 そのおばちゃんは、途中まで同じ道だからとタクシーに僕を呼び、ダフメまで無料で乗せて行ってくれた。ありがとう!

 
画像
          左が男性用、右が女性用鳥葬跡。
 
 
 今は廃止されているが、ここでは65年ほど前まで実際に鳥葬が行われていた。
 『鳥葬』とはその名のとおり、死体をハゲワシなどの鳥に食べさせて葬る方法。

 宗教上は、魂の抜け出た遺体を「天へと送り届ける」ための方法として行われており、鳥に食べさせるのはその手段に過ぎないという。
 多くの生命を奪ってそれを食べることによって生きてきた人間が、せめて死後の魂が抜け出た肉体を、他の生命のために布施しようという思想にもよるとの事。


 丘の上へと登ってみる。
 ダフメは一応観光地のはずなのに、人気が全くなく入口もなければ事務所もない。 
 
画像


画像

 
 見渡す限り、人がいない。

画像


 
画像


 一人きりで丘を登り切ると、頂上で思い切り叫んだ。

画像
         鳥葬祭壇跡。


 『沈黙の塔』にて叫ぶ。鬱積していた気分が、少し晴れた気がした。
 
画像


画像


 帰り道。町に戻ろうと歩き始めると、すぐに車が停まった。
 広場まで行きたいと言ったら、タダで連れて行ってくれるという。
 
 ただ、不思議な点がひとつ。この車はタクシーなのだ。
 商売っ気がないというか、人が良すぎるというか。 

 ハイテンションで親切なドライバーは、乗り換えるバスまで止めてくれて助けてくれた。 
 
 旅を続けるのにある程度の猜疑心は必要だが、イランでは人を信じなさすぎると旅の良さが半減してしまうと思う。  


 世界最古の一神教である、ゾロアスター教(排火教)。主神の光明神アフラ・マズダと、これに従う善神スプンタ・マンユと、背く暗黒神アンラ・マンユの二元論を唱える。

画像


 拝火神殿(アタシュ・キャデ)には、1500年前から燃え続けているという火が祀られていた。   
 
画像


 『排火教』と訳されるゾロアスター教だが、決して火を礼拝の対象としているわけではない。崇敬の対象ではなく、全知の偉大な神であるアフラ・マズダを象徴するものに過ぎないという。 

画像


 長い期間における弾圧によって信者の数は激減しつつも、細々と信仰を続けられているゾロアスター教。
 
 イスラムとの対立や弾圧など、難しい事は分からないけれど僕はとりあえず、このシンボルマークが何となく好きです。

画像



 神殿からの帰り道。

 現地人に「こんにチャーオ!!」と声をかけられた。いいね!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カウントダウンタイマー
沈黙の塔で、叫ぶ!(ヤズド)  ぼんやり世界の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる